会社案内

沿革

1933 (昭和8) 創業
1947 (昭和22) 設立
1953 (昭和28) ロータリ油バーナー販売開始、焼却炉設計・施工開始
1957 (昭和32) ガンタイプ油バーナー販売開始
1959 (昭和34) 日本初の加圧式ロータリバーナー開発、販売開始
1965 (昭和40) 住友電工と資本提携
1967 (昭和42) 西独M.A.N社とロータリバーナー技術提携
1968 (昭和43) 大容量ガスバーナー開発、販売開始
韓国・興国工業に対し技術指導契約結ぶ
1972 (昭和47) 公害防止用産業廃棄物焼却炉販売開始
1975 (昭和50) 低NOx油・ロータリバーナーを開発、販売開始
1977 (昭和52) 脱臭装置販売開始
日本産業機械工業会長賞受賞(噴霧式有機廃液焼却処理装置)
1982 (昭和57) 高速回転式ロータリバーナー開発、販売開始
1984 (昭和59) 光ファイバ応用製品設計・製作・施工開始
合成ダイヤモンド工具の研磨・加工開始
1985 (昭和60) 各種工業炉販売開始、自動化機械、設備の設計・製作販売開始
1986 (昭和61) 産業用ディスクブレーキの組立開始
1990 (平成2) 国際花と緑の博覧会ガスパビリオンに出展(日本ガス協会委託開発製品《花ガス》)
1991 (平成3) 日本ガス協会技術賞受賞(低NOxガスバーナーLGX型)
1997 (平成9) 大学等廃棄物処理施設協議会より功労賞受賞
1999 (平成11) ダイオキシン除去装置付有機廃液処理装置納入
2000 (平成12) ISO9001認証取得
Webページ開設
ダイオキシン発生抑制装置開発
空き缶リサイクルシステム納入
2001 (平成13) 大型貫流ボイラー用LGXバーナーを納入開始
安全衛生活動で大阪労働局長賞2件 受賞
2002 (平成14) LPG焚低NOxガスバーナー販売開始
ISO9001(2000年版)の移行審査認証取得
2003 (平成15) VOC排ガス燃焼装置発売開始
2004 (平成16) ISO14001認証取得
2005 (平成17) 第5類(3800日)無災害記録証を大阪労働局長より受賞
ISO14001(2004年版)の移行審査認証取得
2006 (平成18) 中国子会社(大連燦麗燃焼器有限公司)設立
合成ダイヤモンドチップの一貫加工開始
2007 (平成19) 超低NOx(40ppm保証)ガスバーナ製造開始
2008 (平成20) パルスプラズマ脱臭装置製造開始
2009 (平成21) ゼロエミッション達成
都市ゴミピット用パルスプラズマ脱臭装置納入
2010 (平成22) ボイラ用多相混焼バーナ製造開始
ISO9001(2008年版)の移行審査認証取得
2011 (平成23) リサイクル製品販売
(廃液濃縮装置、エナメル屑線処理装置、廃貝殻消石灰製造装置)
2012 (平成24) 超低NOx(40ppm保証)特許取得
2013 (平成25) 冷温水機向ガスバーナー標準化
Mg合金生産設備
2014 (平成26) 廃棄物総合処理設備(キルン乾燥炉、熱分解炉)
2015 (平成27) 厚生労働省労働基準局長より「第二種無災害記録証」を授与
LGX-2300 21104kw 13Aガス 納入
高温回転炉(2200℃雰囲気熱処理)
2016 (平成28) 海外向け(RBSバーナ)18台(RBS-10と4AG) 納入
余剰ガス燃焼装置需要拡大
2017 (平成29) ダイヤ製品部事業終結

▲トップへ戻る